アクア新型の発売日はいつ?2017FMCグレード別価格と値引きも調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年に発売された、トヨタではすでに大人気のハッチバックハイブリッドカー、アクア。

 

いままでの販売台数はライバル車よりも圧倒的で、ひとたび道路を見渡して見れば新旧のアクアがそこかしこを走っているわけですが、これがトヨタ車の影響力か…と驚いてしまうことこの上ありません。

それもそのはず、軽自動車含める国産車のなかで2012年から3年間の間、全車種の中で最高販売台数No1を記録しているからですね。勢い的には自動車会の指原莉乃と銘打ってしまっても大げさではないと筆者は思う限りです。

 

で、

最近では他メーカーも頑張って強力なライバル車種も投入してきたためかアクアの販売力が低下してしまっているのです。

これじゃアカン、ということでトヨタのマーケティング部が動き出し、

 

 

「2017年にフルモデルチェンジするのでは?」

 

 

というのがトレンドな最新情報となっています。

 

ということで今回は、当ブログでも新型アクアの販売情報についていろいろ調べてみることにしました。

 

  • アクアは2017年にフルモデルチェンジするの?
  • 明確な発売日はいつ?
  • 登場するグレードは?
  • 値引きはいくらぐらい?
  • 下取りよりも安く購入する方法は?

 

といった事を中心に、お話していこうと思います。

 

それではいってみましょうか!

スポンサーリンク

2017にフルモデルチェンジ?新型アクアの発売日はいつ?

第3世代が2017年の6月中旬に行われたアクア。

どうやらこちらが最終型になりそうです。

 

ちなみに今回の後期型・最終型の特長といえばこのクロスオーバーエディションのグレードが新たに追加された点でしょう。(画像右)

 

 

最近出てきたクルマだと思ったら、もうこんなに歴史のある車両になったんですね~。

 

 

2011年から実に6年の歳月を経てのフルモデルチェンジになります。第三世代の顔は好みが別れそう。個人的にはフォードのエスコートにかなり似ていると思うのですが…新型のフルモデルチェンジはどんなふうになるんでしょうね。

 

(一応、リーク画像はクルマ関連の雑誌でも紹介されていますね)

 

他のモデルによっては、3~4年でFMCすることもある(たとえばタントとか…)んですが、ここまでそこまでテコ入れせずに売上を伸ばしてきたアクアは

 

新型アクア≒マイナーチェンジみたいになってる件

今回新型車かのように各方面で触れ回られているアクアですが、フルモデルチェンジとはどうやら違うみたいですね。筆者は勘違いしていましたが…。

ただ、人気車種であることは間違いないでしょうね。

 

ヴィッツ以上プリウス未満のちょうどいいサイズも人気が出た要因でしょうし、CMののイメージ戦略も一役買ったのでは(と思います)。

 

今までのマイナーチェンジの軌跡を振り返ってみると、

  • 2011年12月発売
  • 2014年12月マイナーチェンジ
  • 2017年6月マイナーチェンジ(後期・最終型)← いまここ

という感じです。

 

最新型はヘッドライト、テール、フロントマスクの変更に内装のグレードアップ、クロスオーバーラインナップの設定などがありますが、フルモデルチェンジはまだまだ先なのでしょうか。

 

 

アクアといえばドラクエやFFのオーケストラ音楽を使った面白いCMも有名でしたが、果たして新型になったらまた新しいCMをうつのでしょうか?

 

 

と、いう事で今回新型発売か!?と思えたアクアですが、まだまだ発売は先の話になりそう。

ただ、ヴェルファイアのゴールデンアイよろしく、最終型のちょいカスタムが発売された後に新型が出て来るのはトヨタあるあるですからね。

こちらはネットで噂になっている、リークしている新型のコンセプトモデル画像(?)になります。(ツイートを拝借させていただきました!)

 

うーん。トヨタらしいといえばトヨタらしいですよね。

 

フロントマスクはミライっぽくてやり過ぎ感がややありますが、このまま販売されそうな所もあるのがトヨタ車のスゴイ所でもあります。

 

もしも新型が発表されるのでしたら、もしこの画像が合成などではなく実在モデルのものならば

「2018年内」

には販売されそうな勢いすら感じますが…どうでしょう?

 

スポンサーリンク

2017年末以降発売予定?FMCアクアの登場グレードや価格を予想

 

続いてフルモデルチェンジ後のアクアで用意されるグレードや価格なんかを予想してみることにしました。

(消化試合で終わらそうなんて思ってないですよ!)

 

 

予想ですが、今回は最初から5グレード用意されるかもというのが筆者の見立てです(すでに人気ですし、今回新展開したクロスオーバーに人気が出れば、ですけど)

 

ちなみに現状の後期型で展開されているのは、この5つ。

  • L(もっとも廉価版、エコスペック全振り)
  • S(もっとも流通量が多いグレード)
  • G(上位グレード仕様車)
  • クロスオーバー(オフロード仕様カスタムモデル)
  • G’z(専用エアロ&走り装備重視モデル)

 

G’zはすでに販売終了しており、ブランドネームの変更にともないGRモデルといったモノになっています。

 

ヴィッツとかも一緒で、すでにG’zのモデルはなくなっていますよね。

 

後期型の価格は他サイトをチェックしてみると、概ね以下のとおり。

 

  • L(もっとも廉価版、エコスペック全振り): 178万円
  • S(もっとも流通量が多いグレード): 188万円
  • G(上位グレード仕様車): 200万円
  • クロスオーバー(オフロード仕様カスタムモデル): 208万円
  • G’z(専用エアロ&走り装備重視モデル): クロスオーバー206万円

 

新型のフルモデルチェンジされたアクアでは果たしてどれぐらいの金額になるか不明ですが、

 

 

「42~45km/L」

 

 

を想定して車両を設計するとのこと。

 

今までのアクアは初代が39km/L、後期型が40km/Lであることを踏まえると、かなり高い目標設定であることがわかりますね。

 

ちなみにこの数字を下支えすることになるのは、

  • 新型ハイブリッドエンジン
  • モーターの軽量化、効率化
  • バッテリー軽量化
  • TNGAの採用

などが要となってくるでしょう。

 

ちなみにTNGAは、最新のトヨタ車両に採用されているエンジンプラットフォームになりますね。

快適な走り心地はもちろんのこと、低燃費に特化した軽量で安全なエンジンやシャーシの独自規格の名前のようです。あとは…誤ってもシマシマの筒状のものと間違えないようにしましょうー。(間違えないか)

 

ただ、この燃費は一番安くて軽量(そして内装も簡素)なLグレードでの数字になるでしょうから、主戦力になるSグレードではもう少し小さい数字になるでしょうね。

 

こういった点から、価格を予想すると

 

「190万円」

 

あたりがオプションをもろもろ含んだSグレードの価格になると思われます。

また、セールスの方に聞いてみますね。

カラーリングは今まで通りグレードに比例?

また、カラーリングにも注目ですね。

Lは必要最低限、S以降は13色以上用意され、好きなカラーがほぼ自由自在に選択できるようになっています。

参考までに、中期型のカラーリング一覧を挙げてみると

  • スーパーホワイトⅡ
  • ライムホワイトパールクリスタルシャイン
  • シルバーメタリック
  • グレーメタリック
  • ブラックマイカ
  • スーパーレッドY
  • オレンジパールクリスタルシャイン
  • イエロー
  • フレッシュグリーンマイカメタリック
  • ブルーメタリック
  • クールソーダメタリック
  • ディープアメジストマイカメタリック
  • チェリーパールクリスタルシャイン
  • ダークバイオレットマイカメタリック

 

などなどになります。

 

また、後期型アクアのカラーリングでは、クロスオーバーグレードの限定色としてカーキ色のものが登場しています。

 

 

サンドカラーのベージュ、クロスオーバーのモデルはおそらく同排気量帯のライバル車である「スバルXV」を意識したものだと思われますね。

 

 

ただ、アクアでそこまでタフな走りができるイメージを与えられるか?というと正直?なところもあるでしょうから、今後の売れ行きによってはFMC後のクロスオーバーラインナップはなくなるかもです。

値引きはいくら位期待できる?

次のアクアを購入する際に気になるのが新型の値引き額でしょう。

 

2017年に発売してくれれば、車検に間に合って都合の良い思いもできる人はいると思いますが…実際どれぐらい勉強してもらえるのか、気になりますよね。

 

現状、人気車種としての地位を築いているアクアの値引き相場についてチェックしてみると、

 

 

「平均18万円」

 

というのが一つの業界基準になっているようです。

 

ただ、新モデルが販売されるとディーラーがそこまで頑張らなくても「新型なら」ということで購入するユーザーも多く、自信たっぷりなため値引きに答えてくれることはないでしょう…。

 

今回の後期型の発売もあってか、
値引き交渉は難しい車種のようです。

 

フルモデルチェンジ後のアクアについても

  • トップセラーの車種であること
  • ライバル車種の登場が未定であること(フィットハイブリッドなど)
  • 車両価格自体、比較的安めであること

などを鑑みると、15万円ぐらいの値引きが一つの基準としてあるような気がしてならないです。

 

人気車種はディーラーも強気です!

新型アクアを下取りよりも安く購入する方法は?

もし、新型アクアを購入したいと思っているのであれば、安易に下取りで購入に踏み切らないほうがいいです。

 

なぜなら、「売る場所」を変えるだけで、ディーラーの渋々値引きなんて苦行をしなくても済む可能性があるからですね。

 

では、それはどうすればできるのか?

 

まず一つの答えとしては、ネットでできる簡単な無料査定サービスに申し込むことですね。

 

新型アクアに買い換える前に自分のクルマの査定額を把握しておけば、ディーラーでの値引き交渉でも

  • どれぐらいの金額まで攻めているのか?
  • 本当に値引きを頑張った金額なのか?

などなどが手に取るようにわかりますよ。

 

申込みは非常に簡単ですので、下取りでいいようにあしらわれてしまう前に、自分のアクアの正しい市場価値というのもチェックしておきましょう!

 

ちなみに査定会社は、CMも売っていて知名度も高く、中古車の買い取り実績も業界No1のGoonet(グー)がオススメです。

→ Goo買取 中古車査定プロモーション

まとめ

それでは、フルモデルチェンジの新型アクアについての情報でした。

 

  • 「発売時期は2018年内(の上半期との噂あり)」
  • 「価格は190万円が中間になりそう」
  • 「性能は主に燃費性能がUP」
  • 「値引きは渋めなのでまずは中古車査定をしてみる」

という情報に落ち着きましたが、現状はまだ最終型になるであろう、2017年6月に販売されたモデルがしばらく話題を独占しそうです。

 

今回のデザインが「…」だと思われている場合には、フルモデルチェンジ後のアクアに賭けてみるのもいいかもしれませんね。

 

今後も何か情報が入り次第、こちらでも情報を追記していこうと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*