クルマのお金の話

動かない車は廃車扱いで引取費用がかかる?無料引き取り・買い取り業者をチェックした結果

 

「買い取りサイトとか地元の自動車工場でも買い取ってくれなかった車があるんだけど、そしたら車って廃車しなきゃいけないんだよな…。」

「でも、だとしたら廃車するにもお金がかかっちゃうって事!?」

 

 

って思って不安になり、この記事を開かれた方ももしかしたらいらっしゃるかもしれません。

  • 廃車の問題をできるかぎりスマートに
  • かつ時間を掛けず
  • できれば無料で引き取ってもらいたい

というような場合にどうすればいいかというと、何とそんな悩みを全部叶えてくれる夢のようなサービスがあったのです。

それが、廃車買取専門の「カーネクスト」。

 

通常の買取サイトでは扱ってもらえなかったり、むしろ処分料がかかるようなケースでも、カーネクストに申し込む事によって廃車費用を無料にすることができます。

(しかも、エンジンのかかる実働車であれば値がつくことも!)

 

 

 

という事で今回は、廃車買取のカーネクストについての魅力をまるっと紹介していきます。

 

 

 

実際に私も3年ほど乗った中古のシエンタを買い取りに出しましたが、ものすごくスムーズに取引ができてめっちゃ助かりました。

 

 

手続きも簡単なので、おすすめですよ!

公式サイトはここからチェックできます。
→ 廃車買取は安心サービスの車買取カーネクスト

ではでは、本題に入っていきましょう。

私が廃車を決心した理由

参考情報として、私の廃車を申し込んだ車についてお話します。

 

 

私が買い取り依頼を出したのは、トヨタのシエンタ。2007年式のものです。

(上の写真のように大涌谷で乗ったときにはまだ元気でした…。)

 

それまではミニクーパーに乗っていたのですが、子供ができたこともあり車のサイズと育児に都合がつかなくなったことから乗り換えを決意。

シエンタは中古で譲り受け、価格はおよそ60万円ほどとの事。

 

3年ほど乗り続け新しい車に乗り換える時には、「ディーラーの下取りだとすごく安く買い取られるか、処分料がかかってしまう」との事だったので(実際3万円ほどかかりました)、自動車買取のサービスとして有名な某G社に申し込んだところ…。

 

『お客様の車両の買い取りは難しいですね…。』

 

との一言…!

まあ、もともとそこまでキレイではなかったので多少の安さは覚悟していましたが、まさか買い取りを依頼できないとは…と思っておりました。

何を隠そう、このシエンタはバッテリーあがりを起こし、その原因は発電機として機能している「オルタネーター」の破損が原因だったからです。

 

他にも細かい電気系統で漏電が散見され、すべて修理を依頼すると30万円近くかかるとのこと…。

 

だったら、新しいクルマにしたほうがいいよね、って事で廃車の方向で話を進めることになりました。

 

しぁし、もしかしたらあなたも経験するかもしれない「手間と費用」の問題に直面することになったのです…。

廃車にするときに問題になってくるのが「手間と費用」

あなたも今まで乗ってきた車を買い取り査定で申し込んでみたけれど

 

「この車種ではちょっと買い取りが難しいですね…」

 

と断られた事、もしかしたらあるかもしれませんね。

そう言われる理由は簡単で、その買取業者がその車を買い取っても商売にならないからです。

 

買取で値がつかないとなれば、廃車にする必要があります。

廃車するにしても廃車費用といって、登録抹消したり、手間賃が発生して数万円お金がかかってくる場合もあるんですよね…。

 

まあ、お金だけなら多少出費しても…と思うかもしれませんが、二度と戻らない時間まで無駄に使ってしまうリスクもあります。

 

なぜって、廃車は一言で片付くほど簡単なことではなく

  • 廃車のために市役所に書類を取りに行かなければならない
  • 手続きが複雑で準備不足も多発するかもしれない
  • 引き取り手を探すために電話したり、ネットで探さなければいけない

といった手間も発生し、書類発行やレッカー代などで無駄にお金がかかってしまう事にもなりかねません。

 

ならば、自分の足で廃車をすべきではないとわかりますよね。

 

ならばどんなサービスを選べば、簡単に安く廃車が済ませられるのか?

つづいて見ていってみましょう。

廃車をスマートに終わらせるなら「ネット型の廃車買取業者」

「中古車買い取り業者でも値がつかなかった車をなんとかして売ってしまいたい…。それもできればお金をかけずに。」

なんて思った場合には、

「ネット型の廃車買取業者」

がおすすめです。

なぜネットなのかというと

  • 実際にお店に行かなくて済むので地理的制約を受けない
  • 見積もりも簡単にできて24時間対応している事がほとんど
  • 書類整理や引取時の手数料がかからない

といったメリットがあるからですね。

 

なぜ無料にできるのか?

それは、日本車が海外(中東やアジア圏)では日本で10万キロ、もしくはそれ以上走った日本の車をリサイクルして使われるぐらい人気だからです。

カーネクストは、無料で引取しても利益が出るから

(もちろん外車でも需要があれば引取はしてくれるでしょう)

 

 

 

また、ネット型の店舗の強みは、実際に店舗をもたない事によって、人件費などの固定費コストが少なく、非常に安上がりにすることができる点もあります。

 

よく「引取手数料無料!」みたいに言っている業者さんもたくさんあるわけですが、これはそのためですね。

他にも普段仕事していて日中の電話が難しい…って時にも即座にネットで申し込むことができ、24時間電話受付のスタッフが常駐している事もあるので、ここもやはり実店舗型にはない便利さがあるでしょう。

 

それではネット型で最もおすすめなところはどこなのか?という話です。

ネット型の廃車引き取りサイトにはいくつかの業者さんがありますが、私は

 

「カーネクスト」

 

をおすすめします。

時短で廃車を引き取ってもらうなら断然カーネクスト!

ここまで廃車買取業者の選び方などについてご紹介していきましたが、私も実際に使ってみておすすめだと思ったのが

 

「カーネクスト」

 

です。

 

冒頭でも登場しましたが、買い取り自体も手数料無料で出来ちゃいます。

また、実動車であれば買い取り金額がつくこともあるんですね!

 

買い取り価格は1万円ぐらいだったとしても、本来はお金がかかるはずだった廃車費用がタダになるばかりか、プラスになって返ってくるのは魅力的だと思います。

申込時の利便性も非常に高く

 

  • 申し込みはネット申し込みと、少しの電話で完結
  • 引取手数料完全無料
  • 必要書類を用意するだけでOK(車検証や印鑑登録証明書など)

 

といった風になっていて、初めての方でも安心して廃車手続きを無料で行えるサービスなんですね。

 

実際に申し込みした側、つまりあなたがやるのは

  • 最初のお申込みフォームへの入力
  • 市役所での書類(印鑑登録証明書)の準備
  • 引取日の立会い

ぐらいなので、自分で何もかも手続きすることと比べたらあっけないほどに簡単でしょう。

 

 

実際の申し込み時にどんな風な流れで手続きができるのか、引き続き紹介していきます。

実録!カーネクストでの実際の申し込み手順

まず、カーネクストの公式サイトにアクセスして、お持ちの車両のざっくりとした情報を入力していきます。

廃車買取は安心サービスの車買取カーネクスト

上の文字をタップ(クリック)すると、このような公式サイトに移動します。

 

そこから車両情報を入力していき…

 

確認したら、申込みの「GO」ボタンをクリックします。

(時期によっては自動車税の還付の案内がありますので、万が一書類の準備が遅れてもいいようにお早めに申し込みしましょう!)

 

続いて、申し込みが終わるとお問い合わせ受付ページへ移動します。

この時すぐに電話が来るので、電話の準備をしておきましょう。(あるいは、電話に出なかった場合にはメールがカーネクストより届くようになっています。)

 

実際に電話で話すときはどんな事を聞かれるの?

というのが気になる方もいらっしゃると思うので、続いて私が実際にカーネクストを利用した歳のやりとりや、どんな事を聞かれるのか?などについてご紹介していきます。

 

まず、通話の前には車の車体番号などを聞かれるので、すぐ伝えられるように車から「車検証」を出しておきましょう。

 

カーネクストのフォームに申し込みをするとほどなくしてオペレーターから電話がかかってきて、

  • なぜその車を売るのか?
  • 現状の状態はどんな感じか?
  • 周辺道路は回収のレッカーが入れそうな場所か?

などを質問されるので、逐一回答をしていきます。

 

(※注意 この回答で引取時に誤りが発覚した場合は、買取金額に値がつかなかったり、最悪処分費用が発生することもあります。どこが壊れているかとかは、正直に伝えましょう!)

 

以下、実際に聞かれたことをそのまま掲載しておきます。

申し込みをした車種:トヨタ シエンタ NCP81G ガンメタ 2007年式 7万キロ走行
(中古屋で3年前に購入、新車買い換え時にディーラーでは処分費用がかかる、との事だったので、カーネクストを見つけここで引取依頼をしました)

 

 

  • 故障の原因(自分の場合は、バッテリーあがりからのオルタネーター破損でした)
  • どういう理由で車を売るのか?
  • 周辺道路の状況は?
  • 排気量は?
  • 車体色は?
  • 駆動方式は?
  • ローンは残っているか?
  • 連絡をしているのは車両持ち主本人か?
  • オプションは何があるか?(私の場合は純正ナビ、バックモニター、後部座席モニター)
  • アルミホイールは履いて居るか?
  • 内装の状態はどんな感じか?
  • 車体番号は?(車検証に記載)

 

 

こういった事を一通り確認され、

  • 引取費用の有無(たとえば泥沼にはまっている、とかだと有料になるそうです)
  • 買取金額がつくかどうか(私の場合は1万円でした!値段がつくだけでもありがたい笑)

 

といったカーネクストからの買取金額の提示や、引取日の確認など具体的な話へと進んでいきます。

 

その後、

  • ナンバー確認
  • 使用者の確認(車検証記載)
  • 走行距離新旧確認(車検証記載)
  • 車検証に載っている住所での引取で大丈夫かどうか

といった事も質問されるので伝え、引取日を確定させます。

 

 

業者の手配の関係上、引取日程や午前・午後は決められるものの、時間までの指定はやっていないとの事。

ちなみに午後に指定したら14時に引き取りに来ていただけました。

 

また、状況によっては他の引取現場から寄れる場所の場合、業者さんから直接「今日寄ってもいいですか?」みたいな連絡もきます(ただ、そのときは日程が合わせられず後日にしてもらいましたが)

 

オペレーターとの電話が終わったら

通話終了間際に、

 

「今電話で行ったことは間違いないですよね?そうだったらこの買い取り金額で引き取りに行くから同意してくださいね」

 

といった旨の契約書をメール経由で送られるのですが、これに同意した時点でカーネクストでの申し込みはひとまず完了です。

こんな感じのメールです。

 

その同意と同じタイミングで返信用封筒の用意された書類一式を送付されるので、準備していきましょう。

必要な書類は

  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • リサイクル券
  • 所有者の印鑑登録
  • 譲渡証明委任状(実印での押印)

がそれぞれ必要になります。

 

書類発送についても、同じタイミングで送られてきます。

 

委任状はカーネクストから送られてきますし、印鑑登録は市役所で申し込めばすぐに発行できます。

あとの車検証、自賠責保険証とリサイクル券はダッシュボードに備わっている車検証のファイルにまず一式入っているはずなので、実際に用意するのは

 

「印鑑登録証明書(1通)」

 

だけということになりますね。

 

あとは、当日の引取を待つだけ。

簡単ですよね?

 

※時々当日までに、下請けの引取業者さんから連絡が入ることもあるので、見に覚えがない番号からかかってきても出るようにしておいてくださいね。

 

※ちなみに引き取り当日はレッカー車が来て、その1~2週間後には廃車処理完了のメールが届きます。

 

また、カーネクストに申し込みをするともう一つ特典が付いてきます。

早ければ早いほどお得な「早得」キャンペーン

新幹線の切符の予約でもあると思うんですが、「廃車の申し込みが早ければ早いほどキャッシュバック金額がUPする」という特典もカーネクストにはあります。

単純に申し込むのが早ければそれだけ有利になり、

  • 廃車の56日前までに申し込みで5000円クオカード
  • 廃車の28日前までに申し込みで3000円クオカード
  • 廃車の14日前までに申し込みで1000円クオカード

がプレゼントされます。

(※廃車=引取日)

5000円あれば新しいクルマの給油や洗車にも使えますよね!

他にも各種キャッシュバックキャンペーンは実施されていて

  • カーネクスト利用後に知人を紹介したら4000円キャッシュバック
  • 以前にカーネクストを利用し、二回目利用したら4000円キャッシュバック
  • 2台以上同時に申し込みで最大30000円キャッシュバック
  • 指定工場に持ち込みで3000円キャッシュバック

といった風に特典盛りだくさん!

(ただ、時期によっては内容も変わると思うので、キャンペーンをうまく利用しよう、という場合は公式サイトを必ずチェックしておいてください)

廃車買取は安心サービスの車買取カーネクスト

申し込みのタイミングで自動車税が還付されます

自動車税は毎年5月に納付されますよね?

 

廃車をすると、1年間の支払いで必要な自動車税の還付を受けることができます。

 

たとえばこの記事を書いているのは6月なのですが、6月に自動車税を還付したとすると、9ヶ月ぶんの還付を受け取ることができ、実質3ヶ月ぶんの自動車税の還付で済ませることが可能です!

逆に自動車税納付から時期が過ぎてしまうと、過ぎてしまった期間ぶんの自動車税の還付はされないので、注意してくださいね。

 

※ただ、カーネクスト側の条件として6月15日までの引取をする必要があるので、この点は注意しましょう。

まとめ

それではカーネクストの廃車サービスについて説明していきました。

お話していったとおり、

  • 廃車にかかる手数料は無料
  • 査定も無料
  • 事故車、不動車なども買い取り可能

といったメリットがあり、なおかつ海外での需要がある車種であれば値がつくこともあり得るので

 

 

「一回ネット査定をしたけれど、買い取り拒否されちゃって…」

 

 

なんて場合には心強い味方になると思います。ぜひともカーネクストを検討してみるといいでしょう。

中には20万円近く、他社と比較して査定額が付いたという事例もあるようなので。

 

ゼロ円以上で今までお世話になったお車を売りたければ、いますぐ公式サイトでチェックしてみてはいかがでしょうか?

キャンペーンも上手く活用して、カーネクストを使い便利に廃車を済ませちゃいましょう!

→ 廃車買取は安心サービスの車買取カーネクスト

自動車保険をスマホで見積もりするには?最短の申し込み手順とやり方

自動車保険の申し込みをスマホで調べていますか?

 

もしかしたら、この記事を読まれているアナタはスマホで「自動車保険」とか、「自動車保険 申し込み」あたりで検索しても、広告ばかり出てきて

 

 

「たくさんありすぎて、どこから申し込めばいいのかわからん…。」

 

 

と思っているかもしれませんね。

 

自動車保険のネット見積もりや申込み自体は難しくありません。適切なサイトに移動して、ご自身のお車の情報を入力するだけです。

ただ、入り口の数が多すぎるだけなんです。

 

 

私も最初は混乱しましたが、簡単に最短で・かつお得にスマホで自動車保険の見積もりをチェックする方法を発見しましたので、今回この記事でシェアすることにしました。

 

そう、

テレビでおなじみの自動車保険をたった5分ほどの時間で見積もり完了させられるテクニックがあるんです。

 

それはネット自動車保険申し込みサービスの「インズウェブ」を利用する方法なのですが、この記事では最短でスマホを使い自動車保険の見積もりや申込みを終わらせる方法についてシェアしていきますね!

パソコンでの見積もり申し込みはめんどくさい!

Youtubeなどの広告や、テレビCMなんかで

「◎◎グループの自動車保険がお得!」

なんてキャッチフレーズが流れることって、ありません?

 

あんな時、パソコンであれば申し込みもできるのですが

「できればスマホで簡単にサクッと終わらせたいな~」

なんて風に考えること、
ありません?

 

たしかにパソコンを立ち上げれば済む話ですけれど

  • スマホで事足りているのでそもそもパソコンを持っていない
  • できるのならば手元にあるスマホで申し込みや見積もりをしたい

と思われている方もいらっしゃると思います。

 

そんな時にはどうすべきなのか?

自動車保険はスマホで見積もりできる?→インズウェブならできます

スマホで自動車保険に関する申し込みや見積もりをしたい!と思ったときには

 

  • どこでやればいいの?
  • たくさんあるけど、どのサイトがいいの?
  • スマホで申し込もうと思ったら、パソコン専用サイトのようでうまく表示されない
  • できれば一つの会社だけではなく、複数社から見積もりをとって判断したい
  • それもスマホで見比べてみたい

 

といった問題も発生すると思いますが、
これから紹介する方法は超簡単に
スマホでできてしまいます。

 

スマホで自動車保険の見積もり・申込みをお得に済ませるためには

「インズウェブ」

というサービスを活用していくことをオススメします。

インズウェブはネット上でシェアNo1の保険代理店で、通常の店舗での契約で余分にかかってしまう代行手数料もかかりません。もちろんネット検索で出てきた「アクサダイレクト」や「三井ダイレクト」なんかに直で申込む方法もアリなのですが、インズウェブでまずは

 

 

【自分にとって最もお得で保証も十分な保険】

 

 

をチェックしてみると、より無駄がありませんね。

 

 

それでは、実際にインズウェブを使って見積もりをスマホで進めて行く方法を紹介していきましょう。

スマホからインズウェブで見積もり・申込みをするやり方と手順を解説

まず、スマホで見積もりを進める前に、

「車検証」

「見積もり結果のメールを受け取るメールアドレス」

を用意する必要があります。

 

見積もり結果を受け取るメールがない場合には、インズウェブの見積もり結果を受け取れませんので事前に用意しておきましょう。

また、すでに

 

メールアドレスのある場合でも

「受信ボックスがメルマガだらけになるのでは…。」

とリスクを感じる場合には

今回新しくアドレスを発行しておきましょう。

(もちろんですが、インズウェブはメルマガが届くもののこちらで任意で解除できます)

 

メールアドレスはGoogleでGメールを取る方法が一番簡単です。

Gメールでフリーのメールアドレスを取得する場合はこちら
メールアドレスを準備できたら、

下記をタップしましょう。

 

その後の手順についても細かく紹介していきます。

画像多めで紹介していますが、この通りにやっていただいたら早くおわりますよ☆

 

手順その1.見積もりスタートをする

(※画面はパソコンですが、やることはスマホ版とおおむね一緒です)

上記の画像をクリックしたら、こんな画面が出てきます。

 

これが、インズウェブの公式サイトの保険見積もりの入り口ページですね。

ここで

「一括見積もりスタート」

をタップします。

 

 

手順その2.車検証を見て、基本情報を入力する

続いて車の基本情報を入力します。

 

間違えると査定結果にも影響しますので、確認しながら入れていきましょうね。

 

 

その3.車のナンバーや車種を入力する

続いて、車種の情報を入力していきます。

その4.運転する人の情報を入力する

続いて、主にその車を運転する人の情報を入力しておきましょう。

この際、過去に事故を起こしたか?などの事項があります。(告知事項)

 

この事項は、ネットでは自己申告なので隠すこともできますが、万が一不正が発覚した場合には契約違反となる可能性もあるので正直に申告しておきましょうね。

 

 

その5.契約者の情報を入れる

続いて契約者の情報を入れます。

結構長いかもですが、あと少し!

 

その6.見積もり希望の自動車保険の情報を入れる

最後に希望する自動車保険の保証内容を一つ一つ入力していきます。

 

インズウェブでは

  • どの補償はどの金額を選ぶのがいいのか?
  • 他の保険を契約した人は、何を選ぶ傾向にあるのか?

などをチェックしながら保険契約をすることができるので、誰とも話さずに済ませられるのは便利ですね。

 

ココまで入力したら、お疲れ様です!

査定結果のメールが届きます。

その7.申込結果をもとに送られてきた査定をチェックする

最後のページに移動すると、

「あなたはこの保険がおすすめです」

といった旨のページが表示され、すぐに申し込むこともできますが、メールに届いたメッセージも確認しておきましょう。

 

  • その画面を表示した状態で
  • Gメールに届いた査定結果もチェック

することで、Gメールにしか届かない見積もり査定結果も検討した上で一番オトクな見積もりを手に入れることができ、そのまま申し込みもスマホ経由ですることができますよ。

 

 

以上が、最短でスマホを使い自動車保険を見積もり・申込みする方法になります。

無料で一番お得な保険見積もりができるのはインズウェブだけ

他にも自動車保険を申し込み
できるところもありますが、
他の所で申し込むと

  • 「◎◎損保」
  • 「■■自動車保険」

みたいに会社ごとでの申し込みになるので

「その保険が本当に安全で、かつ余分なものを契約してお金がかかりすぎないか?」

という部分の判断が難しくなります。

 

 

スマホで申し込みをするときには
つい画面が小さく、
視野も狭くなりがちですが、
一つの保険会社だけから
情報を鵜呑みにしないよう
インズウェブを活用してくださいね。

 

ネット見積もりなら代理店の
余計な営業トークも聞かなくていいですし
保険証券も発行しないほうを選択すれば
割引適用されるのもポイントです。

 

まとめ

それではスマホで自動車保険の見積もりをする方法でした。

 

やり方は非常にシンプルで、

  • インズウェブを開く
  • 車検証と、メールアドレスを用意する
  • 必要事項を記入して送信

をするだけです。

 

最短で手続きを済ませ、よりお得な自分に合った自動車保険をスマホ経由で見つけていきましょう!

 

それでは。

自動車保険の相場より安いところを探す選び方!ネット見積もりがオススメ

いざという時にこそ頼りになる自動車の任意保険。

ただ、セールスマンから形のないものを言い値のような形で提供されるために、きちんとお買い得さに関しての判断ができかねるのが正直な問題なのではないかと思います。

 

たとえば、

・自動車保険の任意保険に加入するときにも、代理店やネット通販のダイレクト型などありますが、はたしてどちらが良いのか?

・自動車保険の見積もり相場が高い安いなんて言われているが、どういう基準で安くなるのか?

 

などなどの細かい所ですね。

 

新車を購入する時には車両本体価格の高さもあいまって、コントラスト効果で保険費用が安くなるように思えますが、意外と侮れない出費となります。営業マンへ二つ返事でホイホイとサインするのも、いささか納得の行かないような気もするでしょう。

また、見積もり相場も一応出してもらったものの、「もっと安くなるんじゃない?」と思って、この記事を今あなたはご覧になっているのかもしれません。

 

そこで、

今回は車の任意保険について

  • 保険料の相場はいくらかかるのか?
  • 任意保険の「入り方」を変えるだけでオトクになるテクニック
  • かずある保険会社の中でも管理人一押しの安いところ
  • 安さだけで選んで後悔しないためのチェックポイント
  • 安全かつ安心・安価な任意保険を「最短で」探す方法

などの話題を中心に、

 

自動車保険の見直しにおすすめなネットを使った、オトクなダイレクト型の保険加入方法や一括見積もりのメリットについて紹介して行きたいと思います。

また、ネット型の自動車保険で5万円近く保険料が安くなったと評判の、業界最大手サイト「インズウェブ」の魅力についてもお話していきますね。

自動車保険一括見積もり

 

任意保険はいくら掛かる?見積もり相場をチェック

車の任意保険の相場は、複数の要素によって決定されます。

 

まず、大きくわけて6つのポイントを振り返ってみましょう。

  • 車種
  • 車の排気量や年式
  • 運転者の免許証の色
  • 年間走行距離
  • 自動車保険の保証内容
  • ドライバーの年齢
  • 事故歴

基本的にはこれらの情報によって、年間保険料が算出されます。

また、

普通車と軽自動車の場合もいくつか異なる点があります。

それは、「車両料率クラス」が適用されるということですね。

 

これは何なのか?というと、上で紹介した車種の情報になります。

たとえば、

  • パッソ
  • フェラーリ

だったら、どちらのほうが事故を起こしやすそうでしょうか?

この場合、色眼鏡で見てしまって申し訳ないのですが、どうしてもスポーツカーの方がスピードも出るので、事故率が高いと思います。

 

これが、車両料率クラスというものですね。

数字としては通信簿のように、数字で評価され1~9段階まであり、9に近づくほどリスクが高い=保険料も高い傾向にありますね。

 

保険会社によりこの料率は変動するとされていますが、基本的には「走る車種」であればあるほど高額となる傾向にあります。

 

また、年齢によってもかなり保険料というものは異なります。

免許取りたてで多感な、まだ運転に慣れていない20歳以下までの保険料は異常に高額になる傾向にあります。

 

そこから21歳以上を対象にした保険で安くなり、26歳以上を対象にした保険でまたさらに安くなり……と、年齢に応じて金額は大きく変わり、また年をとってきた70歳代になると保険料は増加していきます。

 

 

ここまでの話しは保険屋さんや車の販売店でも説明を受けることになると思いますが、きっともしかしたら

  • もっと安くなるんじゃないの?
  • なんか、余分な補償がついてるような気がする
  • 言い値で取引されているような気がするから、もっと安くしたい

という思いを抱いているかもしれません。

 

私の場合ももちろんその一人です。

たとえば、事故も起こしていないのに、保険料が1年経ったら高額になっていた、というケースに遭遇したことはありませんか?

あれは本当にビックリしますし、人によっては「なんで??」って、つい腹立たしくなってしまうのではないかと思います。意図しない所で勝手に2万円も値上げなんて、頭にきちゃいますよね?

 

あるいは、保険屋さんにホイホイと話しを進められて、過剰安全のような保険となってしまい、かなりお金がかかってしまうというのも辛い話しでしょう。

私の知人なんか、軽自動車の「タント」で補償がフルに付いていて、年間保険料は5万円ぐらい。普通車と変わりませんでした……。

 

 

そこから私の紹介するネット型の一括見積サイトを活用してもらったら、保証内容をしっかりさせつつ安いものに切り替えていったら、2万円近くも安価にすることに成功しています。

 

いざとなる時には頼りになる保険ですが、知らずしらずの間に自分の保険料が上がっていたり、事故に対する補償が付きまくりで「なんか、もったいない…」と思うことだってキットあると思います。

 

では、どうすればいいのか?

 

高額プランに加入させられて泣き寝入りをしてしまわないよう、賢い保険の入り方を改めて紹介していきましょう。

任意保険の入り方を変えるだけで安くなるって本当?

保険料の入り方を変えるだけで、
費用がオトクになるってご存知でしたか?

 

 

やり方は簡単で、「ネットから加入する保険(ダイレクト型自動車保険)」で手続きをする方法をとる事です。

 

ネットから加入するタイプの保険と、代理店経由で加入する保険とでは、前者のほうが安くなるのです。

 

なぜか?

 

これは単純にお店を維持する人件費やコストがかからないため、トータルの保険料も安くできるからなんです。(言ってしまえば、保険料は従業員の給料でもあるわけです…。)

ネットから加入するため、メールや電話でのやりとりを行っていきます。

 

 

申し込みはネット経由で行っていくため、保険証券もネットで発行することができます。

自動車の見積保険料が代理店とくらべかなりオトクになる上、保険証券にかかる手数料など細かい費用すら倹約できてしまうという訳ですね。

 

ただ、ダイレクト型自動車保険にもデメリットはあるものですよ。

自動車保険一括見積もり

安いだけじゃなくて保証内容もチェック!

任意保険をネットで申し込む魅力についてはご理解いただけたと思います。

 

しかし、なにもわからないままひたすら安い保険を申し込んでは、安さを追求するがあまり保証内容が貧弱になり、いざという時にスッカスカの頼りない補償に悩まされてしまうかもしれません。

 

そうならないために、私が推奨する「4つのポイント」を意識した上で進めていくようにすると、

  • 手頃でガッチリ(別の保険ですが)
  • 自分でも把握しやすい
  • いざという時安心

な保険選びをすることができ、見積もり費用も相場より大きく抑えることができるようになります。

 

また、保険料が変動する主なポイントは保証内容の大きさによります。

どんなお車でも基本的には、

  • 対人賠償責任補償金額
  • 対物賠償責任保険金額
  • 人身障害補償金額
  • 搭乗者障害補償金額
  • 車両保険の種類

これらをかならず決定した上で見積もりを行っていきます。

 

では、「安く加入するにしても、これだけは見ておいたほうがいいよ」

といった所を幾つか紹介していきますね。

その1.対人対物は無制限になっているか?

まず基本的なポイントとして。

 

対人対物の補償は無制限になっていることを確認しましょう。

車の任意保険は、保険料をすこしでも安くしようと思えば、実際に補償金額が1億、2億などのものに変更することで対応できます。

 

しかし、どちらも制限があるとした場合、非常にリスキーな選択となります。

 

たとえばお子さんをはねてしまってなんて場合には、遺族の感情により慰謝料も相当な額を取られる可能性が非常に高いので、2億どころでは効かないケースなんて往々としてあるわけですね。

 

無制限と、有限によって変わる費用など、こういったリスクを鑑みれば大したものではありません。

また、お勤めの会社によっては(というかほぼ)車両通勤をする際には対人対物が無制限かどうかチェックするところがたくさんあります。

基本は無制限だということを忘れないようにしておきましょう。

その2.搭乗者障害の保険など、必要なものは入っているか?

自動車保険は、危害を加えてしまった相手方に対して補償をおこなうものとなっております。

 

つまり、対人対物は被害者がわに支払われるものなので、あなた(ドライバー)に対する補償は別途加入の必要があるというわけです。

補償額は

  • 1000万
  • 500万
  • なし

という形でラインナップされていますが、実際の補償は「人身傷害保険」でもフォローされます。そのためこちらは補償をさらに手厚くしたい、という方のためのものですね。

 

 

なので搭乗者傷害は安価にすませて、人身傷害や、自動車保険以外のケガ補償の保険などでカバーできるのであれば、少額の補償にすることを検討することで保険料を安くできます。

 

その3.事故時の対応は満足のいくものとなっているか?

「安いけど、サービスは最悪」ってお店は時々あると思いますが、保険の世界でも時々その法則があてはまるという意見を聴くことがあります。

 

各種保険のレビューをチェックしてみても、人を相手に商売している以上、ネガティブな意見というものは時々見られます。

ただ、自動車保険は実際の書面をみても分かる通り、契約時には細かい利用規約というものがかならず存在するもの。

その中で補償しないことを謳っているにもかかわらず、加入者の一方的な思い込みで「そんな事だとは思ってもみなかった!」なんて言われてしまうケースもあります。

 

だからこそ、

実際の保証内容をきちんとチェックして、利用規約を読んで契約の申し込みを確定させるまでは、ご自身の判断にも責任をもたなければいけないよ、という事になります。

そこまでシビアな内容ではありませんが、後で「こんなはずでは…」とならないように、あらかじめ保証内容には隅々まで目を通しておくことをオススメします。

その4.ロードサービスは万全のサポートか?

自動車保険で注意しなければならないのが、ロードサービスです。

 

バイクと違い車は多少の事故であれば自走可能ですが、事故の程度が大きく自走不能になってしまったりとか、鍵を無くしたり燃料切れになってしまったり、車種特有のトラブルにより動かなくなってしまった、という時にはレッカーを呼ばざるを得ません。

 

この時、大抵は民間のロードサービスを活用することになるのですが、基本料金で1万、工場までの引き回しで1キロごと数千円、引き上げサポート代で●万円とかザラにかかってくるわけです。

 

こうなるといくら保険料を安くしたところで、いざという時大きな痛手を負ってしまいます。それに、ロードサービスを用意して、修理工場の手配をして……というのは自力で行うととんでもなく面倒です。

 

保険を選ぶときにはかならずこのあたりをチェックして進めていきましょう。

これが、任意保険の賢い選び方です。

自動車用の任意保険で安いところはどこ?

また、任意保険会社の選び方としておそらく気になるであろうポイントとしては、

「いったい、いちばん安いところはどこの保険会社なんだろう?」

といった事だと思います。

 

これは保証内容やサービスによっても大きく変わりますが、安くて補償もしっかりとしているという会社を幾つか紹介すると、

 

  • チューリッヒ
  • 三井ダイレクト
  • SBI損保

あたりがオススメです。

 

とくにチューリッヒはスイスに本社をおく外資系の保険会社ですが、保証内容は非常に満足できるものとなっていて、国産の保険会社と遜色ありません。

サポートもちゃんと日本語で対応してもらえますし、何より保険会社のなかではほぼ必ずといっていいほどお得ランキングの上位に君臨します。

 

補償はシッカリとしているけど、ちょっと高い「アクサダイレクト」にもあるような無料ロードサービスを1年めから提供してくれるという魅力もありますし、保険証券も電子証券の割引サービスが存在しており、

  • 証券発行費用500円をゼロに
  • ネット手続きの保険更新で1万円近く安くなる継続者プラン

などの魅力的な特典も存在しています。

 

他のSBIや三井ダイレクトについても同じような内容となっているので、実際は一括見積などを通してチェックしてみてくださいね。

 

実際のところはご自身の状況によっても大きく変わると思いますが、保険の見積もりを通して、安いところの相場金額を実際にチェックして追ってみてください。

 

ただ……

任意保険の一括見積が何のことだかわからない!

 

という方もいらっしゃると思いますので、続いて簡単かつ安全・お得に一括見積のできるサービスを紹介していきますので、ぜひ見逃さないように!

 

安全・安心・安価な任意保険を探すためには?

今までいくつかお話していきましたが、任意保険を安く入るにしても

「なんだか難しそうだな~。」

なんて風に思われてしまった方も多いかもしれません。

 

でも、安心して下さい。

そんな悩みはインズウェブで簡単に解決できちゃいます。

自動車保険一括見積もり

 

この「インズウェブ」は、自動車保険のネット申し込み型の保険では最大手のブランドで、見積もりも車検証1枚あれば簡単に手続きを進めることができます。

 

また、複数社の保険の資料情報を一括で請求することもできるため、

  • いちばん安い自動車保険会社を探す
  • 必要に応じて便利な付加サービスをオーダーメードで選択
  • 実際に画面上で比較しながら価格をチェック

といった、お店や代理店のような、細かい書類を何度も何度も見せつけられるというストレスも非常に少なくてすむのです。

 

 

年間の見積もり費用を自分の目でチェックしたり、難しい用語やリスクの説明、他の人はどんなものを選んでいるのか?などもチェックしたりできるので、非常に便利ですよ!

ネット型の保険のデメリットとしては、操作が最初のころは慣れなかったりで、ちょっと時間がかかっちゃうかもしれません…。

 

でもどうでしょう。

代理店に連絡して、大風呂敷を拡げて保険の説明をされるなんて面倒なこともなく、誰にも会わずにオトクな保険を選択することができる。

忙しい現代社会にはピッタリの保険だと思いますし変な売り込みなども受けずにお得な保険を選べるのはすごく助かるのではないかなと思いますよ。

インズウェブなら一括見積で時短でオトク!

ネット型の自動車保険の見積もりは非常に便利ですが、他にもいくつかの会社は存在します。

しかし、保険契約者数の実積で言えば業界でもシェアナンバー1ですし、見積もりで提示される保険会社も業界最大の21社(2017年5月現在)から連絡を受けることができる安心感もあります。

保険の節約できた金額も、3万円近く安くなったという実積があるのも魅力的ですね。

 

 

一括見積を利用することで家計が節約でき、
かつ忙しい現代人にとっても
時間が節約できる魅力的なサービスだと思います。

 

また、特定の保険を契約しなければ安くならないとか、そういった変な縛りもなく、インズウェブが厳選した会社を価格付きで提案してくれます。

 

これを保険代理店で契約したり、新車購入時にディーラーの口車に乗せられて安いものを加入したとしても、トータルで見たら実は一括見積の方が安かった、なんて事にもなりかねません。

 

保険内容をしっかりとチェックして、自分で判断することはもしもの時に「この保険はこうだったよな」と冷静な判断をすることができるようにもなります。

インズウェブでは細かい専門用語なども、申し込みページで細かく噛み砕いて説明してくれているので、勉強もできるため非常に便利なサイトとして推奨させていただきます。

 

ただ、

 

申込時にはいろんな会社からの見積もり結果メルマガが届くようになってしまいます。

 

その後も何通か、メールが届いてしまうこともあります。これは一括見積のサイトの特性上仕方がないのですが、電話での売り込みやしつこいセールスはないので安心してくださいね。

 

そういう通知が煩わしいという場合には、Yahooやグーグルで、見積もり用のフリーのメールアドレスを取得しておいたほうが、あとあと煩わしくなくていいと思いますよ!

 

なのでメールアドレスを賢く使いながら、賢くオトクな保険をチョイスしていただければと思います。

安心安全な任意保険を最短・最安で探すにはインズウェブ

では、任意保険の選び方や入り方を中心に、

 

  • 保険料の相場はいくらかかるのか?
  • 任意保険の「入り方」を変えるだけでオトクになるテクニック
  • かずある保険会社の中でも管理人一押しの安いところ
  • 安さだけで選んで後悔しないためのチェックポイント
  • 安全かつ安心・安価な任意保険を「最短で」探す方法

 

安くて安心できる任意保険を、ぜひインズウェブで手に入れましょう!

お申込みはこちらからどうぞ。車検証が手元にあれば5分で大まかな金額を出せますよ。

自動車保険一括見積もり

車の任意保険は重要!相場や選び方と使用目的別オススメプランは?

 

「任意保険って、安いのでいいの?」って思ったこと、ありますか?

 

車のカスタムやドライブは楽しいですが、その楽しさを支えているのが任意保険だと言っても過言ではありません。

 

なぜなら、「もしもの時」に大きな恩恵をもたらしてくれるお守りのようなものだからですね。それに車はバイクと違って、事故の規模がデカイので、1事故あたりにかかるお金も大きくなりがちです。

 

だからこそ任意保険に入るべきなのですが、安かろう悪かろうな保険の選び方をしていると、何かあった時に十分な保障を受けられないリスクだってあります。

 

今回は任意保険の意味や、そもそもの必要性を中心に、

 

「どんな風に選んだら良いの?」

「どうやって選ぶのが一番お得なの?」

 

という事をお話していきたいと思います。
自動車保険一括見積もり

車の「任意保険に入らない」選択は走る凶器・走るリスク

まず、この記事を読む前に考えていただきたいことがあります。

それは、

「任意保険とは任意で入る保険」

という意味のものではないという事です。

 

公道でももっとも普及率の多い車の事故は、その一つ一つの事故の規模も大きく、被害者・加害者側になったときには共に大きな損害をこうむります。

 

ここで活躍するのが、保険になるのですが
自賠責保険だけ入っていればいいわけではありません。

 

法律でも加入の義務付けられている自賠責保険ですが、補償範囲は最大でも3000万円です。

これで、安心できますか?

 

 

……

 

 

 

 

 

 

できないですよね。

 

 

 

たとえば人をはねてしまった場合やなんかは、葬儀代から慰謝料、遺族の心情もろもろを汲み取れば3000万円では効きません。億レベルの費用は平気で発生します。

 

参考になる表がありましたので、こちらに紹介しておきます。

 

このように、自賠責は最大でも3000万円での保障が限界なんですね。

 損害の範囲  支払限度額(被害者1名あたり)
傷害による損害 治療関係費、文書料、休業損害、慰謝料 最高120万円
後遺障害による損害 逸失利益、慰謝料等 神経系統・精神・胸腹部臓器に著しい障害を残して介護が必要な場合

  • 常時介護のとき:最高4,000万円
  • 随時介護のとき:最高3,000万円

後遺障害の程度により
第1級:最高3,000万円~第14級:最高75万円

死亡による損害 葬儀費、逸失利益、慰謝料(本人および遺族) 最高3,000万円
死亡するまでの傷害による損害 (傷害による損害の場合と同じ) 最高120万円

参考元: https://www.sjnk.co.jp/kinsurance_d/automobile/jibaiseki/?_ga=1.121985163.1234201189.1491548919

 

つまり、「任意保険って任意で入るの決めればいいんでしょ?」なんて考えている場合、万が一の時には経済的負担が重くのしかかり、遺族の方への顔向けなんてそうそうできないわけです。

 

ケガによる後遺症にしても、相手の人生を一瞬にして奪ってしまうわけですから、ちょっとやそっとの金額ではまったく歯が立たないわけです。

 

任意保険の場合は対人保障が全て無制限となっており、これが一つ目の

「絶対に任意保険に入るべき理由」

というわけです。

 

相手の、自分の人生を守るためにという目的のために、ですね。

ガードレールやポールの金額

ここでもう一つ考えて行きたいことと、2つのクイズを出題します。

 

公道の信号のポールに車をぶつけてポキっと信号の柱を折ってしまった場合、修理でいくらのお金がかかるのかわかりますか?

また、

その場合、自賠責保険での保障は効きますか?

 

↓で答え合わせをするので、確認しておいてください。

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

できましたか?

 

では、答えあわせといきましょう。

 

 

 

答え合わせをしますが、信号機のポールは施工費用から設備費用などを含めると、高いと300万円近くの金額が発生します。

 

事故の程度にもよりますが、あまりにも損壊具合がひどい場合、周辺のガードレールや標識、信号の管理パネルなんかも破壊してしまう可能性があります。

 

となるとどうでしょう?

おそらく、1000万円近くの修理費用のほかに、訴訟を起こされる可能性だってあるわけです。民間の立体駐車場の料金支払いゲートも、突っ込んだら修理費600万円ぐらいかかるらしいです…。

 

しかも、知っている方は多いと思いますが、自賠責保険は対物保障が付いていません。

 

 

そのため、自賠責保険に加入しなかったが最後、信号をひとつ潰しでもしたら、新しい車、それもそこそこいい高級車を一つ購入できてしまうぐらいのお金を自腹で支払わなければいけないことを心得ておいてください。

 

不意の事故で何十万、何百万円と自腹を切ってしまう前に、こういった所ですこしでもお得な任意保険を見つけたほうが賢いでしょう。

自動車保険一括見積もり

そもそもの任意保険の目的と忘れてはいけないこと

ここまで、任意保険についての説明をしていきましたが、加入しないことがどれだけ大きなリスクとなるかは一通り知って頂けたと思います。

 

続いて、任意保険を選ぶ時に考えおかなければならないのは、

 

「任意で入る保険」

なのではなく、

「任意で保障範囲を設定するための保険」

 

だということです。

 

 

人の命にかかわる事故は、高確率で億単位の費用が発生します。

 

入らないという選択肢を選ぶということはつまり「一生はたらいても返せない借金を負って当然」と思うことと同義だということです。

 

また、

 

任意保険はいざというとき大きな助けとなりますから、事故を起こした、または受けた場合の特殊な心理状況においては、任意保険会社それぞれのオペレーターや担当者の冷静かつ的確なサポートに安心できるものです。

 

そのため、任意保険を選ぶにしても最初は大変だと思いますが、しっかりと保障内容を考慮した上で、はじめて支払いの手続きをするべきだといえましょう。

安い任意保険でも大丈夫?

車の任意保険は現在CMでも大きく取り扱っているように、知名度や各社のサービスのアピールをされていると思います。

  • 走った分だけの保険料
  • 事故対応は24時間年中無休
  • 安心サポートがたっぷり
  • ロードサービス◎◎kmまで無料!

といった類いのものですね。

 

安くてこんなに!?という魅力的なPRが目立つようですが、ここで考えなくてはならないことがあります。

 

それは、「安さだけを材料に任意保険を選んではいけない」という事ですね。

 

少々口うるさくなってしまうのですが、基本的に保険は見えない商品という性質上、どうしても安さだけを求めてしまう傾向にあります。

 

それに対人対物の保障が無制限、というのはまず抑えておくにしても、安さ順でランキングが紹介されているサイトもあり、あたかも安いところに申し込むことが人気のように印象操作されている所もあるわけです。

 

こうした安い保険会社に、早合点で飛びつくのは絶対ヤメておいてください。(私はそうでしたが…。)

 

安さを中心に任意保険を決めるにしても、

 

  • その安さで保障内容はどんなものなのか?
  • 付帯するサービスはどれくらいあるのか?
  • コールセンターの対応の評判は良さそうか?
  • 保険限度額や免責事項に不利な条件がないか?
  • じつは対物保障の限度額が低いだけではないか?

 

そういった事を一通り把握して、あくまでも「安さだけに踊らされない」スタンスを崩さないようにして、自分の求めるピッタリの保険(パートナー)を選んでいくようにするといいですね。

 

あると便利な付帯サービスは?

自動車保険には色々な付帯サービスがあり、予算の許す範囲であれば、必要に応じて加入したほうがトータルのリスク低減になり、もしもの時により備えられます。

 

ただ、正直な話たくさんありすぎて決めかねるだろうな、というのが正直な感想です。

 

公道を走るドライバーとして10年近く保険を選んでは加入してきた私ですが、その中で一番オススメだと思う付帯サービスは

 

「ロードサービス」

 

です。

 

 

バイクのように車種によっては故障が頻発しますが、国産の自動車であれば、よほどの事がなければロードサービスが必要になる場面はありません。

 

しかし、

万が一山奥や旅先で不慮のアクシデントに見舞われた場合には、民間会社のロードサービスを要請する必要が当然必要になってくるわけです。

すると、どうなるか?

 

基本的にはJAFなどのロードサービスを依頼するわけですが、

  • 基本使用料として8230円
  • 牽引の作業量として4650円
  • 1kmにつき720円

これだけのお金が無条件でかかってしまいます(非会員の場合)

 

会員になる方法もありますが、それなら任意保険の付帯サービスのほうが予算を抑えられる場合もあります。

もしも山奥でJAFのお世話になったりした場合には……財布への経済的な事故も甚大なものになるという訳ですね。

 

ですので、任意保険を選択するさいにはロードサービスの保障も予算に合わせてつけておくべきだといえます。

自動車保険一括見積もり

車の任意保険の相場はいくら?

ここまで、基本的なところについてお話していきました。

 

「基本的な任意保険の選び方や、気をつけた方がいいポイントはわかった。でも実際幾らぐらいするの?」

 

という所について、引き続き考えてみることにします。

 

 

自賠責は一律料金ですが、任意保険の場合は

 

  • ドライバーの年齢
  • 保険の等級
  • 付帯サービスの有無
  • 事故の回数、保険等級
  • 保証内容、金額の多い少ない

 

によって大きく変わります。

基本的には、経験年数が少ないであろう若い方ほど保険は高くなる傾向になりますね。

 

とくに21歳以下までがいちばん高くなります。

「ノンフリート」の仕組みも理解しておく

任意保険には、ノンフリート等級という考え方が存在します。

 

 

これは何かというと、

 

「いままで事故を起こした回数によって決められる格付け」

 

だと思ってください。

 

1人で9台まで車の任意保険を契約することをノンフリートと呼び(9台を超えるとフリート)、契約の初年度には6等級からスタートし、年間の事故の有無で格付けがされていきます。

 

また、等級は最低の20等級から1等級まであり、無事故でランクがあがっていくごとに保険料が割引されるという仕組みになっています。

 

むろん、等級が下がると保険料は上がり、

  • 20等級では約63%割増
  • 1等級では約63%割引

という形となっております。

 

では、実際の数字を、モデルを仮定しながら考えて行こうと思います。

 

※ 当サイトでは、対人対物は無制限という前提のもと試算しています。

ネット申し込み型任意保険がベスト!

また、任意保険はネット申し込み型のものがベストです。

 

申し込みもネットで24時間可能ですし、営業さんとの話なども必要ありません。

また、申込みの手順も実店舗より削減できるため、その浮いたコストだけ保険内容が金額よりも手厚いものになっていたりします。

これは時代にあったサービスといえますね。

 

ほかにもネット申し込み型の任意保険の最大の特徴として、走行距離や免許証の色で割引が受けられる「リスク分散型」のサービスを受けられるのも便利。

 

今も販売拡大中なので、申し込むだけで1万円キャッシュバックなんかのキャンペーンもやっているのが大きな特徴でもあります。

モデルを考えて計算してみる

では、

続いて実際に申し込むモデルを仮定して考えてみましょう。

 

今回考えたのは、CMでもよく出て来るような人物に設定しました。

 

 

モデル例:

・女性25歳既婚者。
・車種はシエンタの2016年モデル(NCP175G)
・初年度登録年数(乗り始めた)平成28年(2016)の4月
・本人と配偶者が運転をする
・年間走行距離は約5000km
・免許証の色はブルー
・等級は16等級(免許取得後無事故)
・事故歴、免許取り消し歴はなし

 

 

続いて、保証内容は以下の通りで試算してみます。

  • 対人賠償:無制限
  • 対物賠償:無制限
  • 人身傷害:3000万円まで
  • 搭乗者傷害:1000万円まで
  • オプションサービス:なし
  • 車両保険:180万円

 

この条件で試算してみます。

 

実際には車種によっても大きく変わるものですが、ファミリーカーは金額が安めの傾向にあります。

保険会社のデータの統計上、事故率の高い車種(たとえばスポーツカーなど)は高くなる傾向にあります(自分は事故起こしてないのに…です。)

 

 

今回の見積もりでは、このような結果となりました。
今回使用した見積もりサイトはコチラ

 

 

 

 

保険会社はオススメのものが表示されるサイトを採用したので、いくつかオススメがでてきた所から結果をピックアップしています。

三井ダイレクト

 

ネットの申し込み型保険では、もっともブランド力が高い三井ダイレクトの結果となります。

 

見積もり金額は一番高いものになってしまったものの、よく見ると人身傷害や搭乗者傷害も含まれた上で試算されているのがわかります。

 

SBI損保

 

お次はソフトバンクの出資しているSBI保険について。

 

こちらはご覧のとおり、三井ダイレクトとほぼ同じ保証内容でありながら、5000円近く年間保険料が安くなりました。

 

実際のこまかい約款などは目を通す必要がありますが、バランスの取れている、オーソドックスな保険と言えましょう。

チューリッヒ

 

 

チューリッヒでは、このような結果となりました。

 

ご覧のように、搭乗者傷害の有無など細かい条件が入っているために、あとは自分での調整が必要となりますが、一応は今回見積もりした中でもいちばん安い金額となりました。

 

これなら追加で人身傷害などを加えたとしても、三井ダイレクトよりは安く済みますね。

 

 

 

 

ということで、今回の試算でもっともお得で、保障もしっかりしているものを考えると、

 

「チューリッヒを選択して、人身傷害などをオプションでまかなう」

 

という形で行うのが最もベターであるといえるでしょう。(あくまで金額面でいえば)

 

自動車保険一括見積もり

 

そういえば。

そもそもの話のところで、任意保険会社の特徴の説明がまだでしたね。

 

引き続き、おすすめの任意保険の会社を大きく3つ紹介していきます。

車の任意保険でおすすめの選び方・人気な会社はどこ?

 

ネット申し込み型の保険、いくつかの会社がありますよね。

 

アカペラで歌ってCMしているものや、人気女優さんを起用してイメージで売っているところもあります。

 

ただ、そこで決めずに機能的な性能で判断しなければ、保険の効果を正確に判断することは難しくなってしまいますし、数字もちゃんとチェックしておきたい所。

 

そこで、個人的に今まで使ってきた筆者の視点も加味しつつ、いくつかオススメの任意保険の会社をピックアップしていきたいと思います。

アクサダイレクト

テレビCMでもおなじみですね。

堤真一さんがイメージキャラクターになっていて、おなじみ感はあります。

アクサダイレクトは保険会社としてのブランドも高く、生命保険も扱っている会社であるため、全体的にサポート対応は非常にこなれており、事故対応もスムーズに対処してくれるとの評判も名高いです。

 

業界でも信頼感の強いアクサは、

  • 修理後車両引取サービス
  • 事故先での宿泊費用負担
  • ペットホテルでの宿泊費用も負担
  • 帰宅する公共交通費無料支給
  • メッセンジャーサービス(家族へ事故通知をするサービス)
  • 自宅のカギ、クルマの鍵開けサービス
  • 落輪引き上げサービス

こんな感じの補償内容です。

 

私のまわりでもアクサダイレクトの保険を活用して、事故対応に当たってもらったそうですが、1事故に対し専属のサポートチームが組まれます。

つまり、サポートに関して複数人で対処してくれる、という安心感があるわけですね。

 

また、アクサダイレクトの最大の特徴は「継続すると大きな特典の恩恵を受けられる」といった所です。

 

2年め以降は、

  • ガス欠時のサポートとしてガソリン10L無料給油
  • 車両と自宅玄関の鍵開けサポート
  • レッカーによる搬送が距離無制限(1年めは50Kmまで)

 

といったように、続ければ続けたぶんだけお得になるような、一昔前の携帯電話のような料金体系が魅力的です。

 

無事故無違反、ゴールドで等級を上げれば低コストで最高のサービスが受けられる保険と言っても過言ではないでしょう。

 

ネットでの申込みをすると、最大1万円キャッシュバックされるのも魅力的です。

三井ダイレクト

安心の日本企業というイメージのある三井ダイレクト。

保証内容にもその安心感が伺え、ロードサービスが無条件で付帯されており、場所を指定しなければ指定工場までの搬送は無料で請け負ってくれます。

事故対応満足度もサクラ無しで92.8%と高水準。

 

サポート内容はこのような感じです。

  • 落輪時の費用2万円までサポート
  • 弁護士特約あり
  • 宿泊費サービス(1人1万円まで)
  • 帰宅費用2万円支給
  • 無保険運転者保険が全グレードに標準装備

 

他にも申込時に便利な家電グッズやコンビニクーポン券が抽選、もしくはもれなくもらえる所もオススメです。

 

他の大きなメリットとしては、ネット申しこみで最大10500円のキャッシュバックがある点です。

チューリッヒ

スイスに本社がある、外資系保険として最近では有名になってきました。

 

特徴としては「ネット見積もりサイトで一番安い金額で出てくる」という所にあります。そう考えるとつい「保障が悪いのでは…」と思うかもしれませんが、実際はそうでもありません。

 

私もバイクでいまだに使っていますが、不具合を感じた事はありませんね。

サポートの特徴としては、

  • 無料ロードサービスを1年めから提供
  • 独自のGPS緊急通報サービス
  • ガラス交換の指定工場での修理サービス
  • 帰宅までの交通費無料支給
  • 宿泊費無料支給
  • ペット宿泊費無料支給

 

このような感じで、アクサとほぼ同等のサービスが初年度から受けられます。

 

ロードサービスの無料実施も、オプションをつけていなくても使用できるのはセールスポイントだと思います。

 

外資系だからといってサポートに不備がある、という意見もありますが、私が電話で継続の申しこみに関する問い合わせをした時には、そのような感じは見受けられませんでした。

 

まあ、実際の事故対応ともなれば複雑な要素が絡むので、利用者側が感情的になったがゆえにそういう事もあるのかもしれませんが…。どなたか使った事がある方がいましたらコメントで情報提供お願いします。

 

これはやはり状況によりけりという所でしょう。

 

ネット申し込みの割引は最大で7000円までの保障が受けられます。

 
今回利用した、自動車保険一括見積もりサイトはこちら

豆知識編: 任意保険の注意点

オススメの保険会社について紹介していきましたが、最終的には金額と保証内容のバランスを中心に検討すれば、よほどの事がない限りは不遇を負うことはありません。

 

あと、任意保険を契約するときにやっておきたいポイントとしては、

  • 決して示談で済ませようとしない
  • 感情的になってはいけない

という2つを必ず押さえるようにしましょう。

 

 

事故があって、「等級が下がるから…」という理由で保険を使わないのは、身内同士で車庫入れの時にコツンをぶつかった時やなんか以外ではもったいないです。

 

あと、相手から当事者同士での示談を持ちかけられたような場合にも注意しましょう。

 

まずは警察を呼ぶ。

次に保険会社に連絡する。

 

この2つは任意保険を契約した時に必須の手順です。不用意に相手の交渉なんかに乗らないようにしてくださいね。

 

 

また、

交渉成立までは冷静にやりとりをしましょう。

保険会社に緊急で連絡するような場合、ついつい気持ちをわかってくれないような応対をされるとイライラしてしまいます。

冷静に対処して、まずは自分の立場を正確に伝える。

 

「こっちは金払ってるんだから」なんて意見もあるかもですが、しっかりと真実を伝えたり、自分が取るべき公道を質問する力も任意保険を使いこなす上では必須となります。

むしろその場での状況の正確な伝達が、確実な過失割合の評価につながることもあるわけですね。

 

クレーマーのように怒鳴りつけるような事をすると……どうなるかはわかりませんが、人間として、というところです。

ポイント: あくまでも事故を伝えるのは自分自身!冷静な対処を心がける

カスタム車両はどうなる?

まず原則として、車検に通らないようなカスタムをしている車は保険が降りません。申し込みもできません。

 

ネット保険の申込時には営業さんがわざわざ車を見に来るわけではないので、申し込む事自体はできます。

 

ただ、保険には「告知事項」というものがあります。

 

これは何かというと、保険の申し込み前に事前に正しく伝えておく内容で、事故歴や違反歴などもそれにあたります。

 

改造車でこの告知事項を無視し、実際に事故があった時には任意保険が一切適用されなくなるので、注意しましょう。

 

 

ちなみに車検の通らない改造車は、

  • 車幅が大きく変わるようなフルエアロ
  • 大きすぎるGTウィング(リアウィング)搭載車
  • 爆音マフラー
  • フロントスモークガラス施工
  • タイヤがフェンダーよりはみ出したカスタム(鬼キャン)

などなどがそれに当たります。

 

よほどの事がない限りはこんな事しないと思いますが…。

 

 

ちなみに、ステアリングやシートの交換であれば、改造車には該当しません。

 

ただし、ステアリングをエアバッグの付いていないものに変更すると、保険料に変動があったり、連絡せずにカスタムをすると告知事項の通知義務違反となることもあります。

 

ハンドルや外装の燈火類など、保安部品に関わるカスタムをする前には、不安であれば保険会社に事前に相談することをオススメします。

 

また、そのあたりの細かい相談ふくめ、今回紹介した「インズウェブ」を活用するのは非常にオススメと言えます。

まとめ

車の任意保険の大事さ、分かっていただけたでしょうか?

 

スピードを出してスイスイと走りまわるのも、家族や友人とワイワイ走るのもとても楽しいと思います。

しかしながら、

不意の判断ミスが大きな事故につながる事もありますし、相手側の不注意によってもらい事故を受ける可能性だってあるわけです。

交通弱者に対しても影響が及びます。小さな命を奪うことだってありえます。

 

それにドライバー人生で、1度も事故が起こさずに済むということはありえないと個人的には思っています。

 

任意保険はそんな時のための、誰よりも頼れる実質的な機能をもったお守りとして、しっかり検討すべきアイテムといえましょう。

 

スピードを出すのは気持ちがいいかもしれませんが、回りへの配慮はけして怠らないようにしてください。

また、思いっきり飛ばしたいのであれば、ライセンスをとってサーキットへ駆け出せばOKです。人生を飛ばしちゃいけません。

 

長い人生、安心して充実したカーライフを楽しむためにも、無料で一括見積もりをし吟味しつつ、自分にピッタリと合った保険を手に入れましょう!

自動車保険一括見積もり

 

また、当ブログでは実際に任意保険に申し込まれた方の、情報提供の場としての場をコメント欄で用意しています。

「どこの任意保険はいくらで、どんな感じだった」などのご意見がありましたら、ぜひ書き込んでいただければと思います!