軽の白ナンバー変更手続き方法!申請手順や期間と料金にも注目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軽自動車が白ナンバーにできるって、ご存知でした?

 

これは2019年にアジアのラグビーワールドカップが開催される追い風を受け、白ナンバーへの変更ができるようになりました。

 

軽自動車といえば普通は黄色ナンバーなので、今まで白ナンバーにあこがれていた方にとっては朗報なのではないか?と個人的には思いますね!気分は普通車です。笑

 

また、ラグビーファンの皆様であれば付けたくなること間違い無しなデザインとなっており、全国の対象地域に限りこの白ナンバーが使用可能になるとのことです。変更にかかる費用は、未来に開催するラグビーW杯への会場整備などの費用に充てられるのだそうですよ。

 

ということで今回は、ファンの方であればきっと気になるであろう「軽自動車の白ナンバー」について、

 

  • 変更の手続き、申請方法はどうやるの?
  • 申請の手順や必要な書類には何があるの?
  • 白ナンバーにできる期間はいつからいつまで?
  • 対象地域や、申込みの料金は?

といったことに付いて紹介して行きたいと思います!

 

それではいってみましょう。

スポンサーリンク

軽の白ナンバーが気になる!変更手続方法は?

今回特別に用意される白ナンバーは、軽自動車のみならず普通乗用車、事業用の乗用車にも適用されるサービスとなっております。

目的は、ラグビー界の活性化や選手・サポーターの士気向上、ラグビーというスポーツがさらに広まることを祈念しての施策といえましょうか。

 

個人的には、日本ではそこまでラグビーが今まで目立ってきたことがなかったので、今回の白ナンバーの施策は面白いな!と思う次第です。

なぜなら、五郎丸選手がきっかけでラグビーを知った口だからです。笑

 

白ナンバーのデザインはラグビーをモチーフにした「寄付金あり」のバージョンと、ワンポイントで図柄の入ったバージョンとが用意されています。

 

白ナンバーのS660カッコイイですね!

 

ナンバープレートで応援するなんて、今までに無かった試みにビックリです。あとは、そのお金がちゃんとラグビー振興に使われる事を祈るばかりですね。笑

 

さて、気になる白ナンバーの変更手続き方法ですが、これは

 

「2017年2月13日~2019年の11月29日まで」

 

に、専用の申し込み媒体より行っていきます。

 

  • 公式ウェブサイト
  • ディーラー
  • 民間の整備工場

などなどでの申請が可能とのことなので、ご自身のお車を購入したところへまずは連絡を入れてみましょう。

 

なお、実際の交付期間は

「2017年4月3日~2020年1月31日」

の間となります。

 

 

変更できる対象地域は、全国が対象となります。

 

変更の手続きに関してはナンバーの交付手続きと変わりありませんが、実際の具体的な流れは店頭などで確認してみるといいです。

 

ネットでの申請(後述します)については、車検証があれば簡単に申しこみができますよ!

変更後の注意点と高速道路の料金所は?

ちなみに注意点としては、

  • 軽二輪(バイク)には使えない
  • 前後で違うナンバープレートを使うのは違反対象

という所になります。

 

ちなみに高速道路のETCでは、白色のナンバーとして認識されはしますが、きちんと軽自動車規格の料金で支払いとなりますのでご心配なく!

ETCのセットアップで軽自動車になっているから、ナンバーの色だけでは何も変わらないということですね。

スポンサーリンク

申請にかかる料金は?

また、今回のラグビーデザインの白ナンバーについては

  • 寄付金あり
  • 寄付金なし

の二つのうち、寄付金ありのほうは実際の変更申請、ナンバー交付手数料にプラスして寄付金ぶんの料金を支払うことになります。

https://www.graphic-number.jp/html/GKAA0101.html

ナンバーの申し込みに関わる一切の申請については、こちらのサイトから料金の確認が可能です。

※ディーラーや自動車整備工場によっては、話をしてもすぐに分かってもらえないかもなので、先に見ておくことをオススメします。

 

 

また、具体的な料金ですが、

  • 寄付金ありの場合: ナンバープレート交付手数料+寄付金(1000円以上)
  • 寄付金なしの場合: ナンバープレート交付手数料のみ

という形になります。

 

ナンバープレートの交付手数料はちょっとお高めで、

「7000円」

がかかってしまいますが、ラグビーファンにとっては引換券のようなものかもですし、一生モノの記念品になるでしょうから、安い投資なのかもしれませんね。

 

実際の料金は、管轄の陸運局などによって微妙に異なるとのことなので、前もって料金をチェックしておくことをオススメします。ちなみに私の住む愛知県では、寄付金を除いた変更手数料は7000円でした。

 

参考サイト: https://www.graphic-number.jp/html/GKAA0503.html

白ナンバーを使用できる期間はいつまで?

この白ナンバーは記念品という位置づけなので、

有効期間というものが設定されているのか?と思ったのですが、実際のところはそうでもないようです。

 

白ナンバープレートはそのまま付け替えることなく、そのまま使っていけるとのこと。

つまり、デザインが気に入っていれば廃車までの間、ずっとそのまま利用を続けることができる、というわけです。もちろんノーマルのものに変更することもできます。

 

外した後のナンバープレートは、

「もしかして、W杯終わったら返納しなければならないの?」

と思っていたのですが、返納することなく、不正利用の防止の穴を明けた上で観賞用として手元に保管できるとのことです!これは嬉しい誤算。

これで、家のコレクションの一つとして楽しむことができるわけですね^^

 

なお、W杯の期間にかかわらず、白ナンバーは好きな時に戻すことが可能。

再度、ディーラーや車検工場などで変更の旨を伝えれば簡単に戻せるとのことです。

まとめ

それでは白ナンバーの申請方法についてでした!

  • 申請は2019年の11月29日まで
  • 使用期限は廃車になるまで有効!
  • 料金は7000円~ほどかかる

という事でしたね。

行きつけのディーラーや整備工場には見本が置いてあるかもですし、見た目をいちどチェックしてみてから決めるのも楽しめるかと思います。

 

ラグビーはまだ知名度が低いような感じもあるので、ぜひこれをいいきっかけに伸びていって欲しいですね。

2019年のW杯まで、テンション上げていきましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*