【2017】年末年始の東名高速の混雑予想!渋滞ピークと回避方法を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年-2018年末年始の休みは、12月30日(土)から1月3日(水)まで、

一般的な会社ですと1月4日(木)が仕事始めの5連休です。

年末に帰省される方や、車で旅行を予定されている方もいらっしゃると思います。

車で移動する場合時間に余裕を持ち、休みをゆっくり過ごす為に、渋滞は出来るだけ避けたいものですね。

 

一刻も早く目的地へ移動し、穏やかな気持ちで年末年始を過ごせるように、利用数が多い、東名高速の渋滞の混雑状況を予想しました。

貴重な休みを満喫出来るように、是非参考にしていただければと思います^^

スポンサーリンク

2017年の東名高速の混雑をカレンダーから予想!

2017年-2018年末年始の休みは土日をはさむ5連休となる為、高速道路の渋滞が予測されます。

  • 12月29日(金)・・・早い人はここから休み!
  • 12月30日(土)・・・年末年始休み開始日
  • 12月31日(日)・・・大晦日
  • 1月1日  (月)・・・元旦
  • 1月2日  (火)
  • 1月3日  (水)・・・年末年始休み最終日!

誰でも出来れば混雑が少なく、ストレス無く旅行や帰省をしたいものです。
人ごみが多いのもですが、時間がかかれば掛かるほど心身疲れてしまいます。

私だったら、目的地に到着後はゆっくり過ごしたり、旅行の場合は時間いっぱい楽しみたいです。

 

 

連休中の高速道路は渋滞は切っても切れないものですが、帰省ラッシュなどの渋滞ピークを把握しておけば、渋滞を避けて対策もできます。

ストレスや移動時間を少なくし、より充実した年末年始を過ごせるよう参考にしていただきたく思います。

2017年末年始の渋滞ピークを避けるためには?

私が予想した2017年末年始の渋滞ピークについて紹介します。

年末の渋滞ピーク:
12月30日(土)
おすすめの移動時間帯:
12月30日深夜~朝5時前

年始の渋滞ピーク:
1月3日(水)
おすすめの移動時間帯:
1月3日(水)深夜~朝6時

と予想しました。

なぜなら年末の休み開始が12月30日(土)、年始の休み終わりが1月3日(水)だからです!

 

みなさんは休みを満喫するために、休み始めには移動し、休み終わりにはぎりぎりまでゆっくり過ごしていませんか?

同じ考えのひとは多く、そのため時間帯がかさなり渋滞になるのです。

 

では、攻めて混雑しない時間帯はないのか?

諦めが悪いので調べてみました。

2017年末の渋滞ピーク、ラッシュと空いている時間帯

土日休みの方や、朝早くの移動で一日中の混雑が予想されます。

会社によっては29日(金)からの休みもあるので、29日の夜から移動される方も多くいます。

それでは昨年の年末年始はいつごろ渋滞だったのか振り返ってみます。

 

昨年の年末年始では新東名高速道路が開通し、交通の分散により渋滞の減少にも影響が出ています。
特にピークだったのが東名高速下り12月29日(木)ですが、昨年上りでは事故や交通集中もあり12月31日(土)の夕方ころに長い渋滞ができています。

新東名高速道路が開通し、交通が分散しても東名と新東名の利用で半分に分かれても、やはり渋滞は発生しているのです。

スポンサーリンク

渋滞ピークを避けるには時間のずらしがおすすめ!

ピークの日をずらせない方が多いと思います、それでは時間をずらせばいいのです。

 

29日も30日も朝9時ころと夕方16時ころにピークが集中しており、渋滞の前後の時間には目的地へ到着しておきたいですね。

早朝から移動を開始すれば渋滞を避けられるのでは?とも思われるかもしれませんが、意外にも高速道路は朝6時頃からすでに混雑ピークになります。

 

また、

移動距離にもよりますが朝5時前や遠い場合は深夜に移動し、早めに高速道路へ入るのがおすすめです。

深夜運転の場合は安全を第一に考えて、できれば交代しながら身体に無理のないように、休憩をはさみながら運転をしていただけたらと思います。

目覚まし用のドリンクやなんかは、先持って準備しておいたほうが安心ですね。

目覚ましにはカフェイン、カフェインといえば定番の飲み物はこれ!

ショウガエキスも入って身体もあたたまりますし、薬局で買うより通販でまとめ買いしたほうがお買い得だったりします(価格は↓の画像をクリック)

 

それでは上り渋滞ピークの予想ができましたので、今度は下りについて予想していきましょう!

2018年始の渋滞ピーク、ラッシュと空いている時間帯

年始の渋滞ピークは、1月3日(水)です。

1日前の夕方から高速道路が渋滞が始まります。

 

特に1月3日の午前中からUターンラッシュで、移動される方も多く午後から渋滞となるでしょう。

 

昨年も同日3日に渋滞ピークのニュースがテレビで流れていますし、早めの2日に帰宅すれば渋滞が少ない!と思われると思いますが、同じ考えの方ももちろんいます。

3日は休みの最終日のため、4日から仕事始めの方も多いので前日には戻り、残りの休日を家でゆっくりされる方も多くいます。

 

そのため、2日の移動を考えている方は交通が落ち着いている、日付が変わった3日深夜の運転をおすすめします。

また最終日の高速道路の利用を考えている方は、夕方ころからは少し落ち着き空いていますので、帰宅が夜遅くにはなりますが時間をずらすのもおすすめです。

 

 

まとめ

それではさいごに、渋滞ピークと避ける方法を振り返りましょう!

年末の渋滞ピークは、12月30日(土)
おすすめ:12月30日深夜~朝5時前

年始の渋滞ピークは、1月3日(水)
おすすめ:1月3日(水)深夜~朝6時

 

一番重要なのは、

【回避方法は混雑する時間帯を避けること】

です。

 

混雑の少ない時間帯で、食事をとるのは楽ですし、ストレスも疲労も少ないです。

 

早朝や深夜の出発はちょっと眠たいですが、ここはご家族に協力を仰ぐ方法をとると、結果的に賢く楽しく高速をやり過ごせて、目的地での余裕ももてますよ。

 

 

早起きは三文の徳とことわざがあるように朝早く起きて、他の方より早く行動するのは得をします。渋滞ピークと回避方法をぜひ参考にしてくださいね!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*