タイヤチェーン(スプレー式)の効果は?チェーン規制時の注意点や特徴も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数年で注目されているスプレー式タイヤチェーンですが、みなさんご存知ですか?

タイヤにスプレーするだけで、タイヤチェーンのような効果を得られる優れものなんです!

 

スプレー式のタイヤチェーンと言われてやはり魅力に感じるのは、従来のようなタイヤチェーンのように重たい、かさばる、手入れが面倒というデメリットが無い点でしょう。

 

でも、

「簡単とは聞くけれど、本当に効果があるの?」

…やっぱり気になるところですよね。

 

雪道や凍結した路面を走るには、安全が最優先。手軽でも効果がなければ、使う意味がないですからね。

そんな状況でも、スプレー式タイヤチェーンは効果を発揮できるのかを調べてみました!

今回はタイヤチェーン(スプレー式)の効果と道路でのチェーン規制時の注意点、また特徴までを紹介していきます!

スプレー式タイヤチェーンてどんなもの?

聞いたことが無い人も多いと思います。

スプレー式タイヤチェーンとは、タイヤにスプレーすることで、グリップ力を高め、滑り止め効果を発揮してくれるものです。

なんとも画期的な商品ですよね。

みなさんの想像通り、タイヤ全体にスプレーして約5分乾燥させるだけと、使い方が簡単なのが人気の理由というわけです。

ちなみにノーマルタイヤ、スタッドレスタイヤ両方に使うことが出来るので、便利ですね。

 

一見、「どんな雪道でもこのスプレー一本あれば大丈夫!」という印象を受けますが、果たして、スプレー式タイヤチェーンの効果はいかほどなのでしょうか?

 

スプレー式タイヤチェーンの効果は?

先に結論から言いますと、スプレー式タイヤチェーンは雪道や凍結路面に対して大きな効果があります!

さらには濡れた路面、雨の日にも効果的なんです!

スプレー式タイヤチェーンは、中に松ヤニなどの樹脂が入っていて、それをタイヤ全体にスプレーすることで、路面との摩擦力が大幅に高まり、滑りにくくなるという仕組みです。

樹脂がスパイクの役目をするんですね。

実際にスプレー前後で、そのグリップ力の違いを実感できるくらい効果があり、口コミでも高評価を得ています。

さらには、靴の裏にスプレーすることで、同じすべり止め効果を発揮してくれるので、一石二鳥といえますね!

ただし……。

雪道や凍結路面で効果を発揮するのは間違いありませんが、“万能”な訳ではありません。

スプレー式タイヤチェーンにはデメリットもあるんです。この3つが主なデメリットと言えるでしょう。

  • 長距離走行には向かない
  • コスパが良くない
  • タイヤが白く変色する

 

長距離に向かない

スプレー式タイヤチェーンは一度吹きかけると約70kmは効果が持続すると言うんですが、やはり一定ではなく、どんどん効果は弱まっていきます。

なので、効果が切れる前に途中で吹きかけ直す必要があるんですね。

少し面倒に感じますが、安全性を考えて走行するには50~60km走行した時点で、軽く吹きかけ直すと効果的でしょう。

 

コスパが良くない

これは内容量と価格を考えるとわかります。

商品により異なりますが、スプレー式タイヤチェーンは一本で約10~20本分の量が入っています。

大抵はタイヤ4本に使用することになりますので、最大でも5回分ということになりますね。

価格は約1,500~3,000円くらいなので、使用回数にもよりますが、あまりコスパは期待できません。

 

タイヤがベタベタになる

タイヤに粘着力のある樹脂をスプレーするので、ベタベタになったり、シミができ白っぽくなってしまうのもデメリットになります。

効果があるのはうれしいですが、手や車のボディについてしまうと取るのが大変で厄介なので、吹きかける際には十分注意を払ってくださいね。

チェーン規制時の注意点

さらに、このスプレー式タイヤチェーンには注意点があります。

それは、高速道路などでチェーン規制がある時は、対応できないという点です。

 

大雪などで積雪の量が増え車の運転が危険と判断される場合、高速道路や国道、山道などで、「チェーン規制」が発生します。

チェーン規制がある場合は、「スタッドレスタイヤやスノータイヤの装着」または「チェーンの装着」が必ず必要になり、スタッドレスタイヤは全車輪への装着、チェーンは駆動輪に装着しなければなりません。

路面の状況によっては、全車輪に冬用タイヤを装着していても、チェーンを装着していなければ通行できない、 「チェーン装着車以外通行止」 の場合もあるんですね。

 

こういったときは、もちろんスプレー式タイヤチェーンを使っただけでは、走行することは出来ません。

 

 

スプレー式タイヤチェーンが活躍する状況とは?

スプレー式タイヤチェーンについて一通り説明してきました。

みなさんお気づきかと思いますが、一言でまとめると“緊急時に活躍するもの”ですね。

これ一本あれば何もいらない!ではなく、基本的にはスタッドレスタイヤやタイヤチェーンの補助役と考えたほうが良さそうです。

具体的には、下記のような状況に有効ですね。

  • 雪があまり降らない地域に住んでいる。
  • スタッドレスタイヤが古くなってきてグリップ力が弱い。
  • スタッドレスタイヤに変える前に雪が降ってしまった。

(ノーマルタイヤに交換したのに雪が降ってしまった。)

手軽で効果もありますが、過信すると危険です!状況に応じて使うため、一本車に置いておくと便利ですね。

 

まとめ

スプレー式タイヤチェーンのこと、わかっていただけたでしょうか?

最後にもう一度書きますが、“緊急用”、“補助役”であると認識しておいてくださいね。

雪道は常に危険と隣り合わせです。

「便利」「手軽」「簡単」という言葉にメリットを感じてしまいますが、やはり命がかかっていますので、安易にそういった言葉に乗ってしまうと、あとから後悔する結果にもなりかねません。

やはり安全性を最大限に考慮して、最善の状態で雪道を走行しましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*